0000000
岡崎竜城LC お客様掲示板

[トップに戻る] [新着] [目次] [使いかた] [画像の投稿方法] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]


第1035回クリスマス家族例会  投稿者: PR IT委員    小林吉太郎 投稿日:2015/12/20(Sun) 19:03 No.7728

12月も半ばを過ぎてようやく冷え込みを感ずるようになりました。12月19日は岡崎ニューグランドホテルにて恒例のクリスマス家族例会が開催されました。家族例会とはいえお孫さんたちであふれかえるのが最近の傾向でしょうか!マジックショーや子供さん向きの出し物がほとんどでしょうか。新しい嗜好も取り入れたいですね。さてさて、担当委員会の方々の忙しさはタダものではありません。そして、PR・IT委員会の取材および撮影班もたーいへんですね。とにかく忙しさと楽しさの中にクリスマスという年の瀬の一大イベントを考えさせられる毎年ですね。





This is the lastday for me in Okazaki Tatsuki LC.    PR IT委員    小林吉太郎 - 2015/12/20(Sun) 19:16 No.7729

PR・IT委員の小林です。長い間ありがとうございました。今月を持ってクラブを去ります。皆様に心から感謝申し上げます。


2015年12月第1例会  投稿者: PR IT委員    小林吉太郎 投稿日:2015/12/12(Sat) 12:02 No.7727

師走に入りあわただしさも増し忙しさが活気へと転じているようです。アベノミクスに沸いた今年もGOPが上方修正したことや、年末の円安傾向と株価が上向き加減であることが、今のところ安堵をもって迎えられているようです。ただ来年の参議院選挙対策で与党側が安易な施策を行うことは心配ですね。さて、今回の例会は結婚祝い・誕生祝いを発表披露致しました。担当委員会の皆様ご苦労様でした。また和田出席委員長による出席に関する報告会もためになる企画となりました。ライオンズの基本は例会出席にあるといわれるように、今後も皆出席を心がけていただきたいものです。



秋の夜をつれづれなるままに  投稿者: PR IT委員    小林吉太郎 投稿日:2015/11/27(Fri) 14:40 No.7726

 文化の日、蒲郡クラシックホテルから竹島を臨む。静寂というほかないひと時。心地よい眠りの夜でした。ホテルで迎えてくれた花がとっても穏やかでした。そして・・名古屋。大名古屋ビルがオープンという事で会いに出かけました。というのも、昭和40年代初頭の頃。通学のため毎日、大名古屋ビルの向かい側から市バスに乗っていたからです。・・・昭和10年代の大岩勇夫市長がうち出した”大名古屋構想・・東京、大阪に負けない大名古屋へと! 汎太平洋博覧会の開催、中川運河、鶴舞から東山への動物園移転、100メートル道路を作り中京の名を冠たるものとしました。徳川宗春公と大岩さん。すごいがね。大名古屋ビルの名も大岩さんにあやかるとか! 三河の人もしっかりしなかんて! どえりゃー名古屋をまた見ることができたがね。栄地下、昔も今もみんなの待ち合わせ場所。ここを歩くと何かしら高校生か大学生になったような気持ちになるようです。一点透視の通路は丸栄の中の書店丸善です。人のいない風景は驚きでした。あきですね。そうして、そぞろ歩いた先は東急ホテルとなりました。ゆったりと夕食を頂きました。」   (Fileをクリックしてください。)

Download:7726_2.pdf7726_2.pdf



第1030回下鴨茶寮例会  投稿者: PR IT委員    小林吉太郎 投稿日:2015/10/18(Sun) 13:44 No.7725

京都での例会。時々輪会長の関係する北野天満宮にご縁を頂き、拝殿へ上がり全員にて参拝をさせて頂きました。その後、下鴨神社へ参拝。ここは神紋が二葉葵で、徳川の三つ葉葵とも所縁があり、三河、本多公の先祖がこの神社の神官であったことに端を発し、徳川の家紋「三つ葉葵」の誕生にも大きく関わったようです。京都でも古い神社といわれています。そして隣には河合神社があり、鴨長明の方丈記で有名です。徒然草、枕草子といった三大日本古典随筆の一つと言われます。ゆく川の流れは絶えずして,しかも元の水にあらず。よどみに浮かぶうたかたは、かつ消えかつ結びて、久しくとどまりたるためしなし。・・・女性を守る神社としても有名で私どもの参加女性会員ももれなく参拝されたようです。下鴨茶寮の例会まで90分ありましたので、またしても青春の足跡を辿りました。5分ほど歩いて出町柳の名曲喫茶「柳月堂」へ・・今から40数年前にここでバイトをしていた友人が8月に亡くなったという事で追悼の意をこめて訪れました。「30年以上ぶりに訪れた方へのノートを出されましたので、美人のお姉さんに負けて青春の思いを綴って参りました。」全共闘時代であったので、赤や白や黄色のヘルメットが蘇えりました。カミユ、サルトルなど実存主義的なものに関心を持ちました。・・例会まで30分!
下鴨茶寮では定刻に開会。山田幹事も忙しそうでした。贅沢なロケーションの中で順調に進行!懇親会へ移ると芸妓と舞妓が登場! 品よく懇親の場の雰囲気を盛り上げてくれました。申し分のない演出と脚色にウオー! 翌日は大原の三千院と嵐山方面へ!紅葉には少し早いものの観光客はそれなりに多く、素晴らしいウオーキングコースとなりました。嵐山方面へは昼食後に向かいましたが、渡月橋・天竜寺ともにかなりの人出でした。天竜寺は、臨済宗京都五山筆頭の寺でもあり、とくに天竜寺派管長であった関牧翁氏の個性的で有名な達磨図が皆を迎えてくれることがここの特徴でもあります。「書」についても各所に飾られていて素晴らしいものでした。     時間が足らなくて庭園の散策ができなかったことが残念でしたが、改めて訪れたいと思いました。時々輪会長の企画立案が実に素晴らしかったので感謝申し上げるほかありません。ありがとうございました。



九月末・DISNEY SEA&神田明神・湯島の聖堂  投稿者: PR IT委員    小林吉太郎 投稿日:2015/10/01(Thu) 14:59 No.7724

天候不順に見舞われた9月。日本橋出張での時間調整がうまくできたので、気にかけていたディズニーシーと青春の足跡をたどって見ました。ライオンズクラブの街頭活動は平日であるため目に止まりませんでした。新橋、有楽町付近で献血活動や交通安全の広告をいくつか目にした程度でした。観客動員日本一といわれるディズニーランドとディズニーシー。舞浜の駅近辺も人がいっぱい! 学園祭などの振り替え休暇のためか中高生の多いこと!老いも若きもディズニーリボンを頭につけて「若い、ギャルや元ギャルがいっぱい。私も若いおばさんとペアリボンで歩きたいなと思いました!場内の食事系もリーズナブルな設定を厳守して観客たちを安心させているようです。また、ウエスタンも多く見かけましたがアジア系のお客様をたくさん見かけました。観光政策も順調な前進であると納得しました。がんばれ日本!がんばるぞ日本!あちこちにこんな雰囲気が強く感じられました。さて、神田で送った学生時代。丘、ラドリオ、ミロンガ、さぼうる、白十字など今は無き店を含めて民法や刑法のゼミを行なった事が昨日のように思われます。やっぱ、今を大切に自分に向きあっていく事が大切と再認識しました。神田明神は徳川さんの関わりの中で我々三河人には親しみを感じます。そして、岡崎の医師であり俳人であった荒川同楽氏は明治の初期に湯島の聖堂に縁をもち「釈典や 残りわずかな 斯文会」せきてんや のこりわずかな しぶんかい と詠んでいます。釈典は、孔子を祀る祭典で毎年4月に神田明神神官により執行されています。斯文会は今は公益法人として湯島聖堂の管理運営を行っておいでになりますが、句中にあるものは釈典をふくめての行事の総称であったかと思われます。(掲載写真はそれぞれクリックすると大きくなります。)



地域文化に貢献する俳句  投稿者: PR IT委員    小林吉太郎 投稿日:2015/09/16(Wed) 16:51 No.7723

Download:7723_0.pdf 7723_0.pdf  2013年度事業で行なった「日本の俳人と郷土の俳人たち」「愛知の偉人と賢人たち」については、その後も多くの問い合わせを頂いたり、情報を頂いたり大きな広がりを実感でき喜びもひとしおでございました。東海愛知新聞社のご協力を得て数多くの結社の方々のご協力を得ることができました。その後、神尾朴水先生主宰の「三河」の方々が蒲郡にて作品展を開催されたとの知らせを耳にした後、西尾市の若竹吟社が若竹創刊1000号記念として、本年10月に「目で見る俳句100年展」を開催する旨のお知らせを頂きました。高橋冬竹先生からのものです。画像部分に添付しますのでご覧ください。この面の左上と左下のFileをクリックしてください。また、中央大学校友会名古屋支部の青葉会の方々にもアドバイスを頂いたり、「ねんげ句会」の話もきかせていただき、社会教育という面からのアプローチもすごい力であることを実感いたしました。ライオンズクラブのアクティビティーもソフトを重視すべきところに来ていることを感じました。質的にも高いものが望まれているようです。

画像掲載した俳句の読み方、上段左から三句
・太りしと思い 夏木の 幹たたく 高野素十
・神にませば まことうるわし 那智の滝 高浜虚子
・ひとりひっそり 竹の子 竹になる 種田山頭火
下段の四句、左から
・降る雪や 明治は遠く なりにけり 中村草田男
・ばらの坂に 聞くは浦上の 鐘ならずや 水原秋桜子
・南無観世音 ようらく 風に音すなり 荻原井泉水
・いざよいの きのうともなく 照しけり 阿波野青畝

Download:7723_1.pdf7723_1.pdf



E-mail from Judith in Wien  投稿者: PR IT委員    小林吉太郎 投稿日:2015/07/21(Tue) 11:51 No.7721

オーストリアの都ウイーンからユーディスのメールが届きました。私が訃報を送ったのが昨年の7月末でした。何の因果か届かずじまい!読み人しらずのラブレターみたいですね。それでも数回にわたって送りましたがだめでした。一年を迎える7月となり、あきらめずに送ったところ今度は届いたようです。約1年かかりました。みなさんお読みになってください。彼女も大変な時を過ごしていたようです。

小林さんへ そして岡崎竜城ライオンズクラブの皆様へ
連絡ありがとうございます。このメールが届きましたが、その前のメールが届きませんでした。
岡田さんが亡くなりましたお知らせはとても悲しいです。79才はまだまだ何となく若いですね?
岡田さんの家族にお悔やみを申し上げます。

私はまだウイーンに住んでいます。結婚してません、子供もいません。何年間も私も病気でしたが、だんだん元気になりました。
大変な病気だったので、時間がかかります。でも、OKです!

もう一度日本へ行くのを希望しています。どうでしょうか。

メールが届きましたとても嬉しいです。     Judith



2015年度 第1024回 初例会  投稿者: PR IT委員    小林吉太郎 投稿日:2015/07/08(Wed) 16:55 No.7720

 新年度が始まりました。時々輪会長の緊張気味の表情が例会を引き締めているようでした。感動と感謝の日々が荒波のごとく押し寄せる・・そんなクラブライフとなるかもしれません。お互いに頑張りましょう!
 さて、当地、岡崎も静岡・浜松とともに家康公400年祭を繰り広げています。「厭離穢土(おんりえど)欣求浄土(ごんぐじょうど)」意味は、苦悩の多いけがれたこの世をいとい離れたいと願い、心から喜んで
平和な極楽浄土をこい願う事です。家康の旗印とした言葉です。この精神を大切にしながら、江戸のふるさと、岡崎の我々もLIONSのもとに精進してまいります。 私どものクラブは女性会員も何人かいて、増加傾向にあります。男子校出身で体育会感覚の強い私には、戸惑いがちなこともありましたが時間の経過とともに自然な形として受け入れられるようになりました。(男性的な強さを持つ女性が多いのでしょうか?それはまだ解明されてはいません。・・・)少しづつ高齢化が進んでいることも事実です。これからの日本を足もとで実感しながら、よきアクティビティへと反映していきたいと思います。また、皆様方のご意見アドバイスなどをおよせください。



寅さんと青成瓢吉の思い出  投稿者: 前会長  小林吉太郎 投稿日:2015/04/19(Sun) 13:09 No.7704

雨の続く中で日本橋へ出張。桜も終わり、ライオンズクラブの事業も、はや次年度準備へと向かっています。わがクラブのよさこい開催も盛況となり安堵いたしました。さて、東京ではLCの街頭での活動は目にすることはありませんでしたが、街や人の動きに活気が出てきたような感じが致しました。オリンピックという目標と、株高・円安そして好景気へと向かいたいという願望が重なっているようです。今回は柴又・帝釈天散歩と寅さんの舞台となった高木屋で草もちを食べ、道行く人を眺めながら、トライズムに浸りました。草団子はうまい。そして岡崎ゆかりの作家、尾崎士郎が宇野千代女史と逢引きを重ねた「川甚」でランチをして大正と昭和のロマンに浸りました。高校二年の時に人生劇場(文庫本16冊)をあっという間に読破したことが思い出となっています。夜は浅草でと思い浅草寺を通り抜けようとしたら、平成中村座が開演中ということですごい人だかりでした。私はと言えば中国人旅行客に中国語で話しかけられ大変でした。英語で話したら、とても丁寧な対応となりました。一言! 「ここは日本だ。」・・。寅さんも瓢吉もほのぼのとした熱血漢であり、古き良き日本人であるところに魅力を感じています。



愛知学泉大生との連携  投稿者: 前会長  小林吉太郎 投稿日:2015/03/20(Fri) 19:10 No.7703

 昨年度において開催しました「愛知の偉人賢人展」「日本の俳人と郷土の俳人たち」で展示場のアシスタントをしていただきました愛知学泉大学の長谷川ゼミの学生さんたちが卒業発表を兼ねてファッションショーを開催されました。お招きにあずかり若さいっぱいのショーと作品を楽しませていただきました。奉仕団体としての我々と具体性のある活動の中で相互に連携できたことは素晴らしいことであると実感いたしました。ある意味では実験的な連携でもありましたが、ことのほか今後の可能性に期待が持てると思いました。若さに満ち溢れたショーは素晴らしいものでした。



[直接移動] [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32] [33] [34] [35] [36] [37] [38] [39] [40] [41] [42] [43] [44] [45] [46] [47] [48] [49] [50] [51] [52] [53] [54] [55] [56]
投稿画像の表示サイズを変更できます
管理者用

- Joyful Note -
- JOYFULYY v2.50y24m72 :Edit by Yamamoto -